今日から俺の事は○○○って呼んで!!
2017/08«│ 2017/09| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2017/10
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2008/01/12
15:23:07
会社の都合で月曜が休みとなる。
有給という概念がある会社なので休みながらも金が頂ける。すごいね!
そのかわり普段水曜の休みが木曜に。水曜休むのに慣れてるからリズムが…。
まぁ全然いいんだけど。


お嬢様組曲を鋭意進行中なわけさ。
初回こそ姫名子に流れてしまったが2回目こそは司へとと頑張った。
そしたらね…死んだよ俺は。びっくりしたよ。まさかここまで。
今進行しているというせいもあるだろうが、司が可愛すぎるんだよマヂで。

筋金入りのお嬢様、欲しがる前に与えられていたが為に何も欲しがることのないように育った。
しかし主人公と出会い変わっていく。
人と自ら話そうとしなかった司が主人公との会話が楽しかったと言う。
意図せずしてなんとあの「交換日記」をすることになる。
次第に仲が深まり司の家へ。お茶が熱いと悪ノリする主人公のお茶を「ふーふー」で冷ましてくれる。
豪邸に住んでいるが親も留守にしがちで毎日一人。
それが寂しくて主人公に一緒に寝てくれと。普通ならここでHシーンと思うだろう。
しかしそれは違う。「一緒に寝て欲しい」はやましい気持ちではなく純粋な気持ち。
広い部屋で布団を隣り合わせにして手をつなぎ眠る二人。寂しさを忘れられる夜だった。
有名ピアニストのコンサートに二人で。コンサートで感動する司。
夕食は豪華な洋食。慣れないテーブルマナーを司に教えてもらいながら食べる主人公。
2回目のデートは庶民ルート。たこ焼きを初めて食べる司。
ゲーセンで主人公がとったパワーストーンを司に渡す。
この石があれば自分の意見をしっかり言えるようになる。司が願えばなんだって叶うんだ、と。
その後しばらく司と会えなくなる。どうかしたのかと心配する主人公。
司の親友に呼び出されたいつもの教室に司はいた。
何か言いたそうにするが中々口に出せない。しかしその手には前に主人公が渡した石が。
それを握り締め、司は言う。
「あなたを…お慕いしております…」

ち、畜生!なんで夜中だったんだ!昼間だったら思いっきり叫んだのに!
…ある意味夜中でよかったのかも。
今までエロゲで数多くの良キャラを見てきたがこれは過去最高クラスだ…。
交換日記なんて響きを聞いたのはいつ以来だろう。最近聴かないよなぁ。
ザッとしかあらすじ書いてないから分かりにくいだろうけどすごいんだこれ。
まずお茶の「ふーふー」で萌えた。最近のエロゲに「あーん」はあれど「ふーふー」はなくないか?
…そうでもないか。複合技の「ふーふー、あーん」があるな。まぁそれは置いといて。
お嬢様と言えばどのエロゲにもそのポジションのキャラが6割ぐらいの確立でいる。
それが大抵ツンデレキャラとして君臨している。
お嬢様でおとなしくて、と言うキャラは今回のお嬢様組曲のようなお嬢様が多数登場する
ゲームでしかお目にかかれない。お目にかかれたとしても絵が微妙だったりね。
そんな中で司は容姿はもちろん、性格どころか仕草まで完全に俺を捕らえている。
声優の計名さや香さん。彼女の演技も素晴らしい。
司のイメージとばっちり合っていて文句のつけようがない。
お嬢様は俺もすごい好きだ。その背景にはツンデレ=お嬢様、と言った図式もあるが。
常識外れ、素直ではない、恋愛に疎いなどの設定があるが特記すべきはやはり恋愛に疎いだろう。
恋愛に疎いということは告白やそれに準ずるもの、キスなどの行為に慣れていない。
つまり、恋愛に疎いということは総じて赤面性ということになるのだ。
ツンデレはお嬢様と通じる。赤面性もお嬢様と通じる。
この2大特性を有している「お嬢様」を俺が嫌うことなど出来ようか、いや出来ない。
普段俺はツンデレツンデレと言っているがそれこそ好きな設定は数多くある。
今回の司のようにおとなしいのんびりとした感じから義理の妹、幼馴染などなど。
俺の好きな設定(ガンダム)に絵師(マグネットコーティング)をしたら最強になるわけですよ。
あれ、なんか司の事を言っていたはずなのに最終的にお嬢様の事になってたな。
とにかく、3月に行われる伝説のランキング大会。
これに望月司の名が上位に連ねられるのはもはや、確実となった。

スポンサーサイト

Category:雑記コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。