今日から俺の事は○○○って呼んで!!
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
2008/01/20
21:29:18
休みなのに会社から電話が来る。来週、てかもう今週の予定のことだ。
土曜に会社全体の新年会がある為に土曜が週休となるらしい。
なんで中休みは無し、しかも水曜は普段より2時間半早く出勤しろだそうだ。
夜勤で家帰れば3時過ぎ、12時間後にはもう会社に居ないといけない。
月~金まで出勤。今週は、ちょっとハード気味だな。

ヘコむ話聞いたけど気を取り直し戸田書店にふらっと向かいレンタルマギカ新刊を購入。
あわせて我が家のお稲荷さまも買う。これでようやく読んでいないところまで買えた。
つかラノベって出るの早いな。前回新刊出てからあまり経ってないぜ。
長期に渡り休載しててようやく再開したと思ったらまた休載しだした週刊の漫画だってあるこの平成の時代。
そんな中でこのペースで文庫を出すとは。尊敬致しますね、様々な面で。

で、先日持て余す時間をどうしよう的な事で悩んでいたわけですが。
ふと積んであるエロゲ達を見たわけですよ。
大満足で終わったものや一人とか半分しかクリアしてなかったり仕舞いにはやってなかったり。
そんな中で外装すら剥がしてなかった『杜氏の郷』というエロゲを見つける。
原画はぺこさん。「その花びらにくちづけを」シリーズの御方である。
この人の作品には必ずと言っていいほどレz…女の子同士で絡むシーンがあるのだ。
レz…百合が好きな俺としては外せない、購入だ!といつものAmazonに行くもののない。
公式に行ってみてみると生産終了の文字が。一度は絶望するものの探しに探し回って
やっとの思いで入手したという、ドラマがあった作品だった。
もう大分前に買ったもので思い入れがあるにも関わらずやってないのは入手した事による安心感だろう。
それを今回の時間を利用してやろうって魂胆さ!軽はずみな新作購入に踏み切らなくて良かったぜ…。
んで、やってみたわけですけども。
作品名で分かるとは思うけど酒造りの盛んな雪国が舞台。
母の再婚で引っ越した先が酒造りを生業とする家。
そこには双子の姉妹がおり同学年でありながらも義理の妹となる沙雪と美雪。
皆のまとめ役で世話好きの千里、地元大手の酒蔵の娘の早苗、男友達の鷹哉と恵。
最初は慣れない雪国での生活に戸惑う主人公だが義妹と友人達によって次第に打ち解けていく。
そんな生活にも慣れていたそんな時に義父から酒造りを手伝ってみないかと言う誘いが来る――
ってな感じなんですよ。妙に詳しく酒造りの説明があって驚いたりしているわけですが。
あれだね、どうしてもっと早くやらなかったんだって後悔したね。
エロイから良いとかじゃなくてストーリーがやわらかくて心が温まるんだよすごく。
酒が苦手で手伝えないから自分に出来ることを健気に探す沙雪。
酒造りに詳しく朝も強い頼れるムードメーカーの美雪。
酒が大好きで主人公が造った酒をすごく楽しみにしている千里。
普段あまり笑顔を見せないが時折見せる笑顔は極上、ツンデレお嬢様の早苗。
この4人それぞれに萌えポイントがあり序盤は男女の友情が描かれる。
今はまだその段階なんだけど今後が非常に楽しみでなりませんね。
とりあえず沙雪攻略、と始めたんだけど早苗が非常に可愛い。設定もあるけd
これはしばらく退屈せずにすみそうだぜ!
後で気付いたんだけどAmazonで桜藤祭とアテリアル頼んだせいで
発売日から届くの1~2日遅れるわけだしな。
時間にしてあと5~7日、全員攻略目標に行きましょう。

スポンサーサイト

Category:雑記コメント:2│ トラックバック :--

次の記事:Variously.
このページのトップへ
前の記事:After all.
コメント
セ、センセー
ラノベ、、

中村恵里加先生のダブルブリッドの続きを高校時代からずっと待ち続けているオレが通りますよ

耀│URL│2008/01/20(Sun)22:08:08│ 編集
あ、あっれぇぇ。
マギカだけなのか三田誠先生が早いだけなのかー。

え、えぇと、スマンry

夢氷│URL│2008/01/21(Mon)00:29:16│ 編集
コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。