今日から俺の事は○○○って呼んで!!
2017/04«│ 2017/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/06
SELECT COLORS赤橙黄緑水色青紫桃灰SELECT COLORS
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
23:57:27
第2弾です。長野篇です。
今回行ったところは、と言うと。
米子大瀑布までの山道→米子瀧山不動寺→諏訪大社本宮→諏訪湖→松本城(深志城)です。
一番最初の「~までの山道」がなんとも哀愁を奏でてますが。
まぁその辺りは追々…。


例によって写真多目なんで追記で。


まずは米子大瀑布…までの山道。
おれぴーす
行ける所まで車で行き、これから歩くぞってまだ高かったテンション時の一枚。
後にこの陽気さが絶望に染まるのをまだ誰も知らない。
かなりの斜度(下りの時に気付くのだが)を野生の獣の足跡を跨ぎぐんぐん進む。
川の流れの音にもうすぐそこだと根拠の無い自信を胸に。
2kmほど進んだであろうか。そこにあった看板に書かれていた文字は
「米子大瀑布駐車場まで 6.8km」。心が折れる音を聞いた。
実際はもう少し先に進んだんだけど引き返すなら早い方が傷は浅くてすむ。
引き返す我ら3人。下ってみて思った。これ多分2kmも上ってない、って。

やまみち
でも悪い事ばかりじゃなかった。
山の清らかな空気も吸えたし素晴らしい景色も見れたし、マイナスイオンも吸収出来たし。
あぁマイナスイオンで癒される。マイナスイオンの効果すら良く分からないけど。


米子瀧山不動寺は…なんか特記する事がぶっちゃけ無かった。
ただ南条くんのアイゼンミョウオウが居たのは驚いた。
恋愛成就って書いてあるってリーダーに教えてからの賽銭→合掌までの速さが印象深い。


お次。諏訪大社と諏訪子……じゃなくて諏訪湖。
東方好きの人なら知ってるだろうけど、それです。
おんばしら
御柱。まさかこの眼で見る事が出来るなんて…!
得も知れぬ感動を味わった。旅をして良かったと心から思った。
りゅう
諏訪大社では栗の木で出来た御守りと御柱箸を買った。
御守りは車に付けた。もう事故らぬようにと。
御守りが入れられてた袋に「スポーツ選手必勝御守」と書いてあったのは見なかった事にしよう。
諏訪大社参拝記念に外の土産屋で「神渡」と言う諏訪の地酒を購入。
徳利っていうのがこれまた趣があっていいねぇ。これもちびちび飲んでいこう。
そんで諏訪湖。
諏訪湖
諏訪湖の横を車で走っただけだから大した写真じゃないけど。
高速の上から見た諏訪湖は圧巻だった。
天気が最高に良かったのもあって、凄くキラキラして心奪われた。
もう少しじっくり見たかったなぁ。時よ、止まれ。


さぁ今回は長いぜ!ラスト松本城!!
ふかしじょう
今まで見たのが『城』と呼べる代物では無かっただけに("しろ"だけに)これはすげぇ!
これだよ…こういう『城』を俺は求めてたんだよ!
胸にこみ上げてくるものが、実物を見るとやっぱり全然違う。
ゆうがたのまつもとじょう
松本城の中を見ている間にまだ高かった陽も何時の間にやら。
凄く楽しかった時間は気付けば終わりかけていて。
見れなかったり、見足りなかったりが今回の旅では多かった気がする。
まぁ米子大瀑布リベンジにまた長野には行く予定だからその時にまたゆっくり見れればいいかな。
ちょいちょい旅に出る事が多くなったけど今回の長野が一番良かった。
何が良かったかって感動する事が多かった。
そんな事はないかも知れんけど、人間として一回り大きくなった気がする。
次の旅でも一番とは言わずとも行って良かったと思える旅にしたいもんですな。
しっかし……こんな写真とかこんな写真を撮って見たいもんです。





P.S
「あまりベタベタ張るのも見難いから1回の旅行記で5枚ほどで纏めたいと思う」……か。
まぁ±5枚までは許容範囲だろ?



スポンサーサイト

Category:旅行記コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。